ゆいぺーじ

大人になってもわくわくしていたいモノノフのブログ

怪しいと噂の?『金持ち父さん貧乏父さん』を読んでみた感想・レビュー

スポンサーリンク

f:id:yuipe:20180706010953j:plain

こんにちは、ゆいぺです(0ω0)

お金って生きていく上でめちゃくちゃ大切なものなのに、その本質について学校で教えてくれたりしませんよね。
家庭で教育するのもなかなか難しいし、そもそも満足に教えられる親は少ないのではないでしょうか…


わたしが先日読んだ『金持ち父さん貧乏父さん』は、お金に対する考え方を分かりやすく教えてくれる本でした。

 



ネットビジネスの勧誘やセミナーなどでよく使われているらしく、「金持ち父さん貧乏父さんの話が出たら気をつけろ!」なんてこともよく言われているみたいですが(^-^;)、本自体はとても面白かったです!


あんまり褒めて怪しまれたら嫌なので(笑)、この記事ではおすすめというよりはわたしの感想や考えたことを簡単にまとめていきます。

最大の財産は知識。まずはお金について知る

本の中で何度も言葉を変えて繰り返されるのが、“金持ちになりたければ、お金について勉強しなければならない”ということ。

最初に言ったように、学校ではお金について教えてくれません。
本の中で「貧乏父さん」は学校できちんと勉強し、いい大学に進み、いい企業に入ることがお金の不安をなくすと教えてくれます。

でもどんなに学校の成績がよくて給料の良い会社に入ったとしても、お金に関する知識は貧乏な親から教わったものだけなんですよねぇ、、、

わたしの実家も裕福な方ではなかったし、正社員で長く働くことが良しと言われてきたのでなんか妙に納得してしまいました、、、(つらい)


自己管理能力が高ければ地道に貯金してそれなりのお金は貯まるだろうけど、まあだいたいの人が収入が上がる分だけ支出も上がって、結局一生働き続けることになるんですよね。

「女は結婚するからいい」とかそういう時代でもないし。定年まで働くのも年取ってからコンビニやスーパーでパートするのもわたしは嫌だ~~~


そこで!金持ち父さんの、「お金のために働く」のではなく「お金を自分のために働かせる」という考え方が重要になってきます。


とは言えいきなり株や不動産に手を出すのは危険すぎるので、まずお金に関する知識を習得するために投資(本やセミナーなど)をする必要があります。※高額なセミナーには要注意!


本の中では、“欲望や恐怖が大きくなるのはお金のことを知らないから”とも言われていました。
お金の本質や世の中のお金の流れが理解できれば、お金を自分のために働かせることができるようになるはず。まずは勉強から始めよう。

 

負債を減らし資産を増やす

そもそも資産と負債とは何かと言うと、「ポケットにお金を入れてくれるのが資産」「ポケットからお金を持っていくのが負債」です。

そしてお金持ちの人は資産を手に入れ、中流以下の人たちは負債を資産だと思って手に入れるそうです。


例として分かりやすいのがマイホーム。
持ち家は資産だと思いがちですが、月々のローン返済・固定資産税・その他維持管理費etcでお金が出ていくため負債になります。しかも昔と違って土地の価値も上がらない…新築住宅も住み始めた瞬間に中古物件です。

お金のために働き、負債を手に入れ、毎月の支払いのためにまた働く、この状態を本の中では“ラットレース”と呼んでいます。

(たぶんこうやって庶民を見下して煽ってる感じがよくない方向に使われちゃうんだろうなあとか思ったり…笑)


個人的には企業で雇われて働くことがそれほど苦じゃない上で、お金持ちになることより普通に幸せな家庭を築きたいって人はそれでいいと思います。よっぽどお金の使い方下手じゃなければそれで十分生きていけるので。


自分がどうしたいのか、何がやりたくなくて何がやりたいのかっていうのはきちんと自分で判断して選択することがめちゃくちゃ重要。


その上でラットレースから抜け出したい人は、まず資産と負債の違いを理解して、資産を確実に増やしていくこと。
微々たる金額だけど少しずつ収益を生み出してくれているこのブログもわたしにとっての資産です。

 ブログは無料からでも始められてweb知識やライティングスキルなんかも身に付くので、資産づくりの第一歩にとてもオススメ~!


ブログも投資も「もう少しお金に余裕ができたら…」「今は時間がないから…」とか言ってると一生やらないのでやるなら早めに取りかかろうね!
今すぐやらないにしてもいつでも始められるように準備はしておこうね!

わたしも発信活動をするようになってから各所で何回も聞いている言葉だけど、失敗したとしても死なないし、人間は失敗して学ぶ生き物だから!でどうせ失敗するなら若いうちにしたほうが傷が浅い!

収入が上がるとともに支出が上がってしまうのは仕方のないことだから、資産を増やすためにできることを少しずつでいいから着実に行動に移そう(自戒)

 

「お金が無い」という言葉は使わない

 ついつい言ってしまうこの言葉。

例えば欲しいものがあったとき、“それを買うお金はない”と言うのは簡単です。
でもこれを言ってしまうと脳がこれ以上働くことはないんですよね。

しかも思考停止ワードというだけでなく、人を悲しい気持ちにさせる、自分の無力さを感じ失望する、落ち込む、といったマイナス要素しかありません。


そこで金持ち父さんの場合は、“どうやったら買えるようになるか”を考えます。

実際にお金が無かったとしてもそこで考えることを辞めずに、買えるようになる方法を考える。
そうすることで可能性を開き、わくわくした気持ちや夢に繋がります。


ちょっとしたことだけど、こういう考え方のクセとか日頃の習慣の影響ってかなり大きいと思います。

他にも“請求書(他の人への)の支払いをする前に自分に支払う”とか“何かが足りないと感じた時はまずそれを人に与える”とか、どれもなるほど…!って思わされてしまいました、、、


人間て自分に対してはつい甘くなりがちで、「お金が余ったら自己投資しよう」「残ったお金を貯金しよう」と思ってもまあ残らないんですよね!!!まず自分に払う!!!大事!!!

“自分で自分をコントロールできない人は金持ちになるのはあきらめた方がいい”とも書かれていて、厳しいけど真理だなっておもいました。自制心・自己抑制力をきちんと身に着けよう。


人に与えるって話もお金だけじゃなくてほほえみ・愛情・友情など、、、
挨拶されたかったら自分から挨拶する!優しくされたかったら自分から優しくする!みたいなのと同じです。

最近はLINEpayやpolcaみたいな個人間送金が手軽にできるアプリもたくさん増えてお金が回りやすい時代でもあるので、積極的に与えていくのがいいのかも。
わたしもほとんど活用してないんですけど、キンコン西野さんが作ったレターポット(1文字=1円でレターを贈れるサービス)はリリース当初に少しだけ使いました!

見返りを求めちゃうとちょっと違うけど、 10円ピンポンするくらいの気軽な気持ちでお金を回していけたらいいですね!

 

『金持ち父さん貧乏父さん』のまとめ

  • お金の勉強をする
  • 資産を増やす
  • 口癖や習慣を見直す

とりあえずこの3つですね!テストに出ます(出ない)

 

噂で聞くような胡散臭さも若干ありましたが、書かれていることは実際参考になったし「金持ち父さん」と「貧乏父さん」という登場人物を比較することで分かりやすく、読みやすい本だったなと思います。

まあ読みやすいからこそ初心者が引っかかるんでしょうけどね!!!!


そういうネットビジネスに引っかからないためにも、幅広い知識を身に付けておく必要があるなと感じます。

「知らないことはリスク」ってほんそれ。

で、情報を得たいなら自分から情報を発信する。ってことですね。


引き続きお金に関する勉強と発信活動続けていきたいと思います。
この記事も書くか迷ったんですが、本当に普通に面白かったしアウトプットしたかったので書いちゃいました。

気になった人はあくまで参考程度にさらっと読んでみてください~ 

 

 

 おわり。

 

スポンサーリンク