ゆいぺーじ

大人になってもわくわくしていたいモノノフのブログ

【賃貸でもOK】床に敷くだけのCFシート(クッションフロア)接着不要で簡単DIY!フローリングの傷・汚れ防止にも◎

スポンサーリンク

こんにちは!ゆいぺです(0ω0)☆

部屋のイメージを変えたい…そんなにときにおすすめなのが、CFシートです。

 

わたしは賃貸アパートに住んでいるのですが、部屋を契約したときからどうしても床の色が気に入らなくて悩んでいました。

 

いろいろ調べて辿り着いたのが、シートタイプのクッションフロア!

 

既存の床の上に敷くだけで部屋の雰囲気がガラッと変わります(^o^)

実際に使っていてすごく良かったので紹介していきます!

 

CFシートって何?

「クッションフロア」とも言われ、クッション性のあるビニール系の床シートのことをいいます。

木目やタイル、大理石調など色・柄の種類が豊富で水汚れに強いので、一般的には水まわりの床材として多く用いられています。

 

フローリングの張り替えやフロアタイルは大変だしお金もかかる…CFシートなら安価なものも多く自分で施工できるので簡単に部屋のイメージチェンジができちゃいます(*'v'*)

 

実際にわたしの部屋に敷いたのがこのシート


【クッションフロア】床材 DIY クッションフロアー シンコールCF ウッド柄 木目 オーク*E3024 E3025 E3026 E3027 E3028

 

1年以上使用し、最近引っ越しましたが新しい部屋でも引き続き使っています。

 

Before

f:id:yuipe:20171102083630j:image

 

After

f:id:yuipe:20171102083656j:image

 

どうですか??

床が変わるだけで、印象が全然違いますよね…!(同じ角度じゃなくてすみません;)

ナチュラルな雰囲気を目指していたのでとても満足しています!!

 

クッションフロアのメリット

たくさんの色・柄の中から好みのデザインが選べる、はさみやカッターで切れるから施工が簡単、などいいことだらけのクッションフロア。

実はイメージを変える以外にも様々なメリットがあるんです。

 

  • クッション性があるので既存の床を傷つけない
  • 敷くだけだから賃貸でも安心!原状回復ができる
  • 水に強く汚れがとりやすいのでメンテナンスが簡単で清潔
  • 抗菌・防カビ加工や衝撃吸収・防音など機能も充実
  • フローリングの硬さ・冷たさが軽減される

 

実際に生活していて実感したのは、やはり元々の床の傷や汚れを気にしなくてすむということ!

 

機能性も種類がいろいろあって、花粉を吸収してくれたり防臭のものなんかもあります。

小さい子供やペットのいる家庭にもおすすめされています。 

 

購入の仕方・サイズの測り方

クッションフロアは、幅の長さは決まっていて、だいたい1m~購入することができます。

柄の向きをどのようにするかによっても必要な長さは変わってきます。

 

こちらのページで分かりやすく解説してあって、必要な長さの自動計算もしてくれるので購入前にチェックしてみてください。

>必要サイズ(数量)の測り方:リスタ

 

画面だけじゃなくて実際に柄を見比べたい!ってときは無料サンプルもあるのでじっくり悩めます!

 

あとしっかり貼りたい人は施工用の両面テープかボンドも一緒に買いましょう!

賃貸の場合はマスキングテープ+両面テープとかいう裏ワザもあります。

 

わたしは敷いてるだけですが今のところズレてきたりすることはないです。

でもやっぱり端の方は浮いちゃうので気になるところだけマスキングテープで止めています><

 

 

敷くときの注意点

実際にクッションフロアを敷いてみよう!!!の前に注意点があります!!!

 

クッションフロアの裏面にはガラス繊維が使用されていて、人体に影響を及ぼすものではありませんが人によってはかゆみを感じることがあります。

肌の弱い人は長袖長ズボン・軍手での作業をおすすめします。

ちなみにわたしは全然大丈夫でした!笑

 

敷き方はこれもリスタさんで非常に分かりやすいページがあったのでそちらを参考にしてください(^o^)

>クッションフロアの貼り方:リスタ

 

 普通のカッターだとなかなか切るのが難しいので、専用のカッターがあると安心です。

 ↓こういうの


クッションフロア用ぴったりカッター(CFカッター)【あす楽対応】【床 リフォーム フローリング マット シート 床材】

 

といっても案外ハサミでなんとかなったりします!

普通のハサミだと大変だけど、大きめのハサミを使うと切りやすいです。わたしは布用のハサミを使いました!

 

サイズを測ってペンで印をつけて、ハサミでガンガン切っていく!ってのが楽ちんです♪最後の方は完全に感覚で切ってました。笑

 

トイレなど狭くて複雑な場所は、新聞紙を使って型紙をとる方法が良さそうです。

カッターを使うときは、作業中に床を傷つけないように注意! 

 

まとめ:DIYで自分だけの部屋づくり♪

細かい部分は割と根気のいる作業ですが、終わったあとの達成感は凄まじいです(゜∀゜)

DIYたのしいですね!!!もっといろいろやりたい!!!

 

自分の部屋はやっぱり自分が一番落ち着ける空間にしたい。

床や壁がなんか気に入らない!ってときは思い切って替えちゃいましょう!

 

床を替えるのってハードル高そうだけど、意外と簡単にできて一気に印象が変わるからクッションフロアはすごくおすすめ。

壁紙も最近は貼って剥がせるタイプのおしゃれな柄がいっぱいありますよね。ウォールシートとかマスキングテープでちょっとアレンジするのも楽しそう。

 

自分でやると満足感もあって部屋への愛着も増し増し♡

いろんな種類があるから見てるだけでも楽しいですよ(´▽`)

 


スポンサーリンク